「Name of Love」製作秘話&新曲「白夜」発売

カルーセル
スポンサーリンク

アニメSeason3 Part2のED「Name of Love」を歌うcinema staff。
2021年6月2日発売のニューE.P.「白夜」は、アニメ#55『白夜』#56『地下室』をモチーフに作られていることが分かり、話題になっています。

「Name of Love」製作秘話&新曲「白夜」発売

「Name of Love」は、とあるキャラクターへの想いの代弁

タワーレコードのホームページと、cinema staff三島想平さんのInstagramより、曲紹介を引用します。

まずは、タワーレコードのホームページから。

「白夜」
前回「進撃の巨人」のED曲に採用された「Name of Love」の製作タームで出来ていた基盤を精査し、今のテンションで一気に仕上げた曲です。
同時期の曲は基本的に全て「進撃の巨人」のとあるシーンのことを書いたもので、同時にとあるキャラクターへの想いの代弁のようなものになってます。
そこに込められたメッセージがちょうど今のメンタリティと合致し、このタイミングで採用となりました。

https://tower.jp/article/feature_item/2021/05/26/0703

リンク:cinema staff|ニューE.P.『白夜/極夜 E.P.』6月2日発売
アーカイブ:https://archive.is/VKaNn

続いて、cinema staff三島想平さんのInstagramより。

そしてM2.『白夜』ですが、実はこの曲はアニメ・進撃の巨人 season3 part2エンディングテーマになった『Name of Love』と同時期に作られ、僕たち的に同エンディングの最終候補まで残った曲のひとつです。

アニメ版でいえば55話『白夜』56話『地下室』
この大変切なく、残酷で、しかし美しいシーン。
個人的にも作中1.2を争うほど感情を揺さぶられた場面。
楽曲で表現してみたい、と強く思ったのです。

https://www.instagram.com/p/CPaVvDgp3-Z/?utm_medium=copy_link

リンク:cinema staff三島さんInstagram

「Name of Love」は、聞くたびに涙が出てしまう曲です。
特に2番の歌詞が、、、あかん、、、。
まだ2番まで聞いたことがないよという方は、とりあえず歌詞を読んで一緒に泣きましょう。

リンク:cinema staff「Name of Love」歌詞

放送当時(なのかな)、この曲が誰のことを歌っているのかが話題になったようで。
私がエルリの民だからかもしれませんが、2番はどうやってもエルリだし、むしろそれ以外の解釈をどうしろと…??という気持ち。

「僕ら以外 誰も知らなくていい」
「時よ止まれ 冷たくなった手を握り返した」
「胸の中にある僕らの誓いよ」

「In the truth, name of love 怖くない 行ける」

上げたらキリがないけれど、これをエルリ以外の何という。

「僕ら以外 誰も知らなくていい」は、「リヴァイは、自分とエルヴィンの間にあるものを説明しようとしないし、説明してもわかるわけがないと思っている」という荒木監督の言葉そのものだし(荒木監督が語る二人の関係(アニメディア2019年4月号))、
「怖くない 行ける」は、リバイが自分自身に言い聞かせているのかなと思うと、胸が締め付けられます。。ううう…つらい…(泣)

「白夜」歌詞公開

そして今回の新曲「白夜」(タイトル〜〜〜)ですが、先程のcinema staff三島さんのInstagramに歌詞が掲載されています。
(ありがとうございます!)

リンク:cinema staff三島さんInstagram

「Name of Love」ほどハッキリとエルリ!とは思いませんでしたが、所々にそうかな?という要素があって、ちょっと判断に迷っています。
「秘密の部屋」とか「使い古したハリボテの身体 それでもできれば君の横にいたい」とか、どどどどうなの…!?

皆さんはどう感じられましたか?

配信情報

「白夜」も含まれる『白夜/極夜 E.P.』は、6月2日よりサブスク配信&一部実店舗で発売されます。

リンク:cinema staffオフィシャルホームページ

ちなみに、2年前の2019年6月2日深夜は、アニメSeason3 #55『白夜』の放送日だったそうです。
CDのリリースはオリコン集計の関係で水曜日が多いのだけど、アニメの白夜放送日が水曜日に当たるのはどこか運命的な感じがしますね。(発売日を選んでくれたのかしらね?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました