2018年3月諫山先生サイン会まとめ その2

サイン会2018年3月その2エピソード
スポンサーリンク

この記事では、2018年3月に大分県日田市で行われた、諫山先生のサイン会について紹介します。
諫山先生のサイン会といえば、ファンとの質疑応答(Q&A)が有名ですよね。
原作者である諫山先生に、謎が多い『進撃の巨人』に関する質問を直接聞ける機会とあって、進撃ファンの間でもとても人気が高いイベントです。

そんなサイン会での質疑応答(Q&A)から、エルヴィン・リヴァイ関連の質問を中心にピックアップしてみました。
エルヴィンの髪型が変わった話リヴァイのザルエピソード進撃世界にとってエルヴィンは太陽のような存在というエピソードなど、今回も読み応えのある内容ばかりです。

サイン会のまとめ記事は長いので2つに分割しています。その1は「2018年3月サイン会まとめ その1」です。

2018年3月サイン会まとめ その2

2018年3月サイン会その1はこちら

2018年3月サイン会その1はこちらです。
サイン会の概要と、Q&Aの前半はこちらで読めます。

Q&A

サイン会での諫山先生とファンとのやり取りについては、下記サイトでまとめられています。

リンク:【イベントレポート】諫山先生日田サイン会2018
アーカイブ①:https://archive.is/wip/QXjmy
アーカイブ②:https://archive.is/wip/EQOC7
アーカイブ③:https://archive.is/wip/1uDN1
アーカイブ④:https://archive.is/wip/FqviJ
アーカイブ⑤:https://archive.is/wip/HW2b6

また、Twitterでは「#諫山先生日田サイン会」というタグでツイートを検索できます。

サイン会でのQ&Aについては、担当編集バックさんが「今回の回答はアンオフィシャルなものである」「もっと良い設定を思いつけば変更になる可能性が十分にある」と発言されています(上記togetter参照)。
アニメFSで変更されている点もあったので、あくまでも参考程度にご覧ください。

以下の回答は、上記togetterから引用or要約しています。
似たような質問が複数あった場合は回答をまとめています。
ニュアンスが変わらないように要約しているつもりですが、正確な内容は上記togetterで元ツイートをご確認くださいm(_ _)m

今回はQ&Aの後半です!

お酒に強いかどうか

「Frau」2014年8月号で、お酒に関してはザルなことが判明したリヴァイですが、お酒での失敗談はあるのか?という質問。

・そんなにはなさそう。(管理人注:先生の言葉のニュアンスからの印象です)
・若い頃に、何回かあってここまで飲んだらダメという加減を知る。大学生みたいに。

リヴァイのお酒関連の質問が複数名からあって、「みんなすごく気になるんだ」と先生が意外そうな感じをしていたという感想がありました。
そりゃー気になりますよね…!w

別の方の質問で、エルヴィンもお酒に強いと先生が回答されていました。お酒に強いエルヴィンとザルなリヴァイ。。(妄想)

母子に目を留めるリヴァイ

リヴァイが赤ん坊を抱いた母親に目を留めたシーンがあるが、この時何を思った?という質問。

※管理人注
元ツイートでは、「コミックス13巻(ウォールマリア最終奪還作戦出陣の時)」と書かれていますが、この母子は2回登場しており、1回目はコミックス13巻第53話「狼煙」・2回目がコミックス18巻第72話「奪還作戦の夜」で、両者が混ざってしまったツイートかなと思われます。

  • 母親と自分を思い出した。
  • 街の人に他人事ではない思いを抱いている。

リヴァイの生い立ちが分かるのはコミックス17巻第69話「友人」なので、ロングパスだったんですね。私はリヴァイが母子に目を留める場面が描かれた理由が分からなかったので、回答を読んですごく納得しました。

この母子は、コミックス18巻第72話「奪還作戦の夜」で壁上の調査兵団の様子を見に来ていて、心なしか母親がふっくらした印象になっています。
リヴァイも母子に気付いて表情が柔らかくなってますね。

「進撃!巨人中学校」「悔いなき選択」などのスピンオフについて

「進撃!巨人中学校」や「悔いなき選択」(以下「悔い選」)などのスピンオフと原作はどこまで繋げて見てもいいのか?、スピンオフの構成に諫山先生がどこまで関わっているか?という質問。

  • 「巨人中学校」は自由に描いてもらっている。
  • 「悔い選」は地下での出来事をあらかじめ大まかに話している。
  • 「悔い選」は、話し合いの中でどこまで構成に関わっているか分からなくなってしまったが、地下でゴロツキだったリヴァイにエルヴィンが目をつけて引き入れたという設定は諫山先生発案。
  • 「悔い選」の漫画とアニメのラストの違いは、諫山先生から意見を入れた。
  • リヴァイは背が低い、エルヴィンとリヴァイは冷や汗をかくような表現をしないなどの部分は押さえてもらっている。

リヴァイにエルヴィンが目をつけて引き入れたのはいさぴ発案!!!(超大事)
二人が冷や汗をかかないっていうのも面白いですね。

リヴァイの視力

リヴァイの視力は?という質問。

  • 良いと思います。
  • (質問者:2.0とか?)じゃそれで。

ということで、視力2.0だそうです(こんなで決めていいのか?先生w)

スクカーでのリヴァイの服装

進撃のスクールカースト(スクカー)でのリヴァイが着ているつなぎの色についての質問。

  • 濃いめの青。
  • 「ライフイズストレンジ」というゲームがモデル。

ライフイズストレンジについては、先生が2016年8月9日のブログで語っています。
(記事中の「今月号の内容は露骨に影響を受けています」の今月号とは、第84話「白夜」が掲載された号のことです。未読の方は是非!!ブログ記事をご覧ください。)
リンク:諫山先生公式ブログ エルリ関連記事

エルヴィンの髪型が変わった?

エルヴィンの髪型が初期の七三分けから変わっているのでは?という質問。

  • 馬に乗って疾走する場面ばかりなのに、きっちりした七三分けにはならないと思って嫌になって直した。
  • 最初からこうだったら良かった。

七三分けのエルヴィンは、コミックス4巻第18話「今、何をすべきか」の地下牢のシーンが分かりやすいかな。
その後しばらく七三分けで、コミックス16巻ぐらい(第63話「鎖」)からふんわり前髪を上げた現在の髪型に変わっています。
私はきっちり七三分けヴィンも好きですよ!w

エルヴィンはどういう存在?

『進撃の巨人』という作品にとって、エルヴィンはどういう存在か聞かれた先生。

  • 主人公達にとってカリスマ性のある上司が必要だった。それがエルヴィン。
  • 冷や汗をかいたことがないと思う。冷や汗をかくエルヴィンは違う。

この回答を見て、『進撃の巨人ANSERS』に掲載された諫山先生のインタビュー(p26)を思い出しました。

  • 104期生達に兵団で重要な役割を担わせるために、今まで調査兵団を支えてきた幹部達を負傷や死によって退場させた。
  • エルヴィンが巨大樹の森での大混戦(コミックス12巻)で負傷したのもそのため。

Q&A最後にある「「白夜」というタイトルの意味」も併せて考えると、この作品におけるエルヴィンの存在感がいかに大きいかということを考えさせられますね。

スピンオフの設定に関する質問によると、リヴァイも冷や汗をかかないタイプだそうですよ。

第84話「白夜」というタイトルの意味

※この回答の元ツイートは、現在非公開or削除されており見ることができませんが、記録に残しておくべき内容と判断したため皆さんのツイートを元に回答を編集しました。(Twitterで「サイン会 白夜」と検索しました。)

コミックス21巻第84話「白夜」のタイトルに込められた意味について。

  • 「白夜」は、夜になっても太陽が沈まず明るい現象のこと。
  • エルヴィンが死んで太陽が沈んでしまう…いや沈まないという意味を込めた。
  • エルヴィンの死後も影響は残る。(=太陽は沈まない)

この回答から考えると、作品世界でのエルヴィンって太陽のような存在ってことですよね?
偉大な男よエルヴィン・スミス;;;

諫山先生は、「作品の中で死んでしまうキャラクターにはせめて多くのページを割いてあげて、今まで積み上げてきたものを載せてあげて、立派な棺を仕立てて花を供えて弔ってあげようという感覚があります」と別マガ2021年7月号掲載の荒川先生との対談でお話ししていましたが、84話はタイトル含めてエルヴィンの立派な棺だったんだなと思います。
対談については下記の記事でも触れています。

諫山先生サイン会について

諫山先生のサイン会は、2013年9月・2020年11月にも開かれています。
2013年9月のサイン会のまとめはこちら。

2020年11月のサイン会まとめ記事は現在作成中です!

100記事達成!

今回の記事がこのブログの通算100記事目でした!

エルヴィンを特別に埋葬したエピソードや、進撃世界でエルヴィンは太陽のような存在という情報が分かった2018年3月のサイン会をどうしても100記事目にしたくて書き始めたら、下調べもまとめるのもこれまでで一番時間がかかってしまい難産に^^;
なんとか完成してホッとしています。

いつもTwitterでの応援コメントやいいねありがとうございます。
とても励みになっています。
まだまだまとめていないエピソードが沢山ありますので、引き続きよろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました